私たちには、世界をつくる力がある



アパートの契約の後、キングコング西野さんの絵本
「えんとつ町のプペル展」に行ってきました。

全部光る絵の展示で、夜行くのがオススメです♪流れてるBGMもかわいいのです。30日まで。

http://sezonartgallery.com/exhibition/akihiro_nishino-exhibition/


絵本の中にある勇気をもらった言葉。

「信じ抜くんだ。たとえひとりになっても。」

…えんとつ町とは現代社会のことで
夢を語れば笑われて、行動すれば叩かれる現代社会で
もう声をあげちゃったり、行動しちゃったのなら、僕らに見せてくれよ、素晴らしい景色を、誰も知らない世界を。…

と西野さんは言います。

勇気をもらったといいつつ、私はひとりになるのは嫌だなぁと思ってしまうし
そこまで強い信念はないけど、
私が信じたものを信じ続けたいなぁと思います。

この投稿では西野さんスゴイ!と言いたいわけじゃなくて(もちろんスゴイけど…)

私たちにも
私たちが信じたいものを信じ抜くことで

「私たちにも世界をつくる力があるのかもしれない」
そう思えるような展示会でした(^-^)