誰かに何かをやってもらうということ


昨日一昨日と実家に帰っていて、前髪がけっこう伸びてたので
急きょ美容院に行くことに。

最初は、前髪だけならハサミ買って自分で切っちゃえ〜と思ってたけど
せっかく地元にいるからと当日予約しました。

かれこれ3年近く通っているお店の
美容師さんとは色んなことを話します。

美容師さん「こうやって短い時間でもお顔見れるとうれしいです」

私「ありがとうございます!最初は自分で切っちゃおうかと思いましたが、せっかく帰ってきてるしお願いしたいと思って来ました」

美容師さん「新しいお仕事はもうどれくらいになります?」

私「今年の1月からだから…ちょうど10ヶ月です」

美容師さん「そうですか、これからのビジョンって何かあるんですか?」

私「(うちのブランドの服を世に広めたいっていうのはあるけど)これっていう先のビジョンはありません」

美容師さん「あまり決めすぎなくていいと思いますよ。僕も最初は一人でプライベートサロンでもやろうと思ってましたから」
(※今は独立されてて、美容師さん4.5人のサロンを経営し、ネイルサロンもオープンしています)

と、こうやって何気ないやり取りをできるのがうれしいです。

誰かにやってもらうこと。

前髪カットだけでも専門家にお願いすると、髪にくせがあるのを考えて切ってくれたりするので
仕上がりがちがいます。

余談だけど、一人暮らししてると
誰かが作ってくれたご飯がすごくおいしい(≧▽≦)

誰かに何かをやってもらうことは、お金、感謝の気持ちが循環するし
その人に活躍の場を提供することかもしれないな。