道なき道を歩いてる

今日のお昼は、会社の忘年会でお食事会でした。食べ過ぎてまだお腹が空きません…(^^;)

そこで社長の話であったのですが、日本の国産の衣服がとうとう3%を切ったそうです。去年聞いたときは4%だったのでどんどん減っててビックリしました。

家に帰って一人になった時に
何かジワジワきました。

食の自給率はよく話題に上がるのに、衣服のことはあまり話されることもありません
食品は、国産か気にするけど服は気にしない人も多いですね〜

かと言って、ファストファッションがダメと言いたいわけじゃなくて
むしろ私だってファストファッションも着ますw

でも、おしゃれしたい時の一着は国産のいいものを選んでくれる人が増えるとうれしいな♪

もちろん国産がいいのは分かるけど、高い…というのもすごく分かります><

技術を残さないと、日本のもの作りがダメになるという話は
心に響く人と響かない人がいると思います。

そこで、どうしたらいいかな?

こういう話って、深刻になりがちだけど
まずは作ってる私たちが楽しく、最高のものを生み出し続けられたらいいな♪

またデザイナーさんが「私たちは道なき道を歩いてるんですよ」とよく言ってるんですが
まさに私たちのやってることって
正解はないし、道なき道を歩いてるなぁって思いました*

※ここでいう「国産」とは国内で縫製している衣服を指します。

友人からの質問で気づきました。
ちなみに、うちの会社では生地はほとんどが国産(イタリア製とかもあるけど)で、デザインから縫製まで一貫してやっています